calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

categories

archives

access counter

困った時のギョバー

あー、なんか最近昼飯がマンネリだー。

あ。ところで最近会社にHちゃんが泊まり込んでいて、
もうかれこれ10日程家に帰っていない。
なんでもここ数ヶ月頑張っていた出張仕事の
精算をひたすらやってるんだそうだ。

で、そのHちゃんを誘って昼を食べに出た。
向かうはギョバー茅場町店である。
今日の日替わり丼は「坦々丼」。

た、坦々丼?
試しにそれを頼んだところ、担々麺の具が
そのままごはんの上に乗ったような味わい。
いや、これはごはんがススムくんだ!

ただ、あの辛みそ挽肉が乗っているだけじゃない!
ごはんの上に敷かれたレタスと、
挽肉の上に乗ったもやしがダブルでシャキシャキで、
ただ辛いだけじゃない美味さを引き出している。

次回こそ「マグロアボカド丼」と思いつつ、
ついつい日替わりのどんぶりと、
パスタにしてやられる。

味が容易に想像できるようなネーミングだし、
それと思って頼むと、想像通りの味で、
いかもこれまで外れたことが無い。
死角のない店、ギョバー。ちょっと褒めすぎ。
いつか夜に行ってみたいんだけどね。

ちょいと一杯のつもりで

会社の近くに串揚げ屋があって、
最近たまにランチで利用するのだが、
その時、各日に夜のメニューも張り出されていて、
Mさんと「豚バラ串50円」がすごく気になっていた。

今日も昨日とほぼ同じ内容で現場があり、
そうそう毎日飲んでいられないので、
おとなしく帰ったが、
帰ってから社内でくだらんもめ事が起き、
Mさんがとばっちりを受けたので、
俺的には励ます意味も込めて、串揚げ屋に誘った。

ホントにビール一杯のつもりだった。
いや、俺は実際一杯だけだったんだけど、
Mさんはチューハイ2杯飲んでた。

「豚バラ10本!」とMさんがコール。
お通しでキャベツが出てくるので、
それはそれとして豚バラの到着を待つ。
割りとすぐ出てきた。

熱々の豚バラ串を「二度漬け禁止」のソースにドボン。
ヤベッ!こりゃ美味い!
串揚げ10本中、ノルマの5本はすぐに平らげた。
家に帰ればごはんがあるのは分かっていたので、
深追いはしない(笑)。
でも、近所に昼も夜も使えるこんな店を発見して、
正直嬉しくなった。

そうそう、女店員だと思っていた人が、
夜になると「ママ」と呼ばれていて、
それはまた別な発見だった。
あの若さで切り盛りしているのか?
うーん、謎。

ジェノベーゼとモヒート

朝起きてみると、昨日よりはだいぶマシだった。
先週の土日の現場がキツかったのに、
今週休まずに頑張っちゃったからなあ。
自分のカラダは自分で守らないとね!
つくづく無理の効かない歳になっちまったもんだ。

さて、今日は特に予定も無かったし、
基本的にはゴロッチャラしてればよかったんだが、
ベランダのバジルがあまりにボーボーだったので、
懸案のジェノベーゼソース作りに挑戦することにした。

バジルはたっぷりあるので、残りの材料を探しに出た。
娘がバレエの発表会のためにコンタクトにするというので、
一緒に出掛けたが、コンタクト屋が空いていたので、
俺だけ別行動することにした。

先日リニューアルオープンしたばかりの
戸田公園駅ビーンズ。
KALDIコーヒーが入ったと聞いたので、
松の実を買いに行ったら、用意が無いと言われた。

それならば、すり鉢でも見るかと
キャンドゥに行ったら広くなっていた。
すり鉢は極小サイズのモノしか無かった。
東武ブックスは小規模店舗という印象が強いが、
以前、ここにあったブックスゴローばりに広い。
これはいい。

肝心の松の実を探しに今度はサミットへ。
有るにはあったが、ニンニクが1種類しか無くて、
選びたかったので大川まで行った。
大川はサミットと同じ松の実があり、ニンニクも選べた。
ちなみにすり鉢も探したが、サミットには1種類、
大川には5種類くらいあって迷ったので買わなかった。

バジルをボウルにいっぱいになるくらい摘んでよく洗い、
水を切って、最終的にはペーパーで拭き取った。
松の実と合わせてジューサーでガリゴリ。
良きところでバジルを投入し、さらに粉砕する。
ボウルに空けて、オリーブオイルと塩を投入。
ジェノベーゼソースの完成である。

茹でたてのパスタを和えて、パルメザンチーズをかける。
まるでイタリアンの店で食べるような濃厚な味。
これは上出来だ。

食前に今度はミントを積んできて、
ライム、砂糖と一緒にすり潰してバカルディ投入。
ソーダ水を入れるとモヒートの完成だ。
こちらは先日作った時より上手くいった。
やはりレシピどおりレモンよりライムだな。と思った。

せっかく上手く出来たのだが、
あいにくまだ本調子ではないのでお代わりは無し。
さ、寝よ、寝よ。

カレーラーメン。モヒート試作

今日は朝一番で浜離宮に行ってきた。
毎年恒例のイベントの打ち合わせのためだ。
打ち合わせの後はロケハンである。
小一時間かけて園内を一周すると汗だくになる。
では、本番よろしく!解散!となった。

ここ10年くらいご一緒させていただいている
お客さんから、初めてお昼に誘われた。
こりゃ行かねばなるまい。
まだ11時だが食べられるだろう。

連れて行っていただいたのは、日本テレビタワー
1階にある潮夢来(ちょうむらい)という中華料理の店。
店の存在自体は知っていたが、
いかにも高級感漂う店である。入ったことはなかった。
しかし、ここのランチの目玉はカレーラーメン。
1050円だという。それならば、と頼む。
一緒に行ったE君は何度も来ているらしく、
同じく名物の担々麺を頼んだ。

結論から言うととても美味しかった。
スープが辛いのは辛いのだが、後引きスープで、
飲んでも飲んでもまた飲みたくなる。
汗だくになって飲み干しこそしなかったが、結構飲んだ。
サービスのごはんにかけても美味しい。
汐留に行ったら、是非!の店である。

夕方、今度は別な打ち合わせで大崎へ。
大崎ニューシティーにダイソーがあったので、
そういえば今週末もう花火大会だよ!と、
焦ってすりこぎを買った。
何用かと言えば、モヒートのミントをすり潰す用だ。

早速帰りにサミットでバカルディを買い、
ウイルキンソンのソーダを買った。
ライムが無かったのでレモンで代用。
結果、それが良くなかったのか?
試作は上出来とは言えなかった。

あとは、シロップをやめて砂糖にするか?
ラムとソーダ水の配分も検討する余地がある。
こうやって、いろいろ考えるのが楽しい。

今宵、シンガポールで。

今日の現場は六本木。
13時入りなので、クルマで現場に向かい、
お昼は車内で助六寿司を食べた。

現場はどうなってんの?どうなってんの?
と思うこともままあったが、無事終了。
晩ご飯は出なかったので、みんなで食事に行った。
俺と後輩S、今回のリーダーであるM、そしてAだ。

近くだし、夜行ったこと無いから、海南鶏飯食堂へ。
ランチタイムは12月にヒルズに通った際にSとよく行った。
その時、夜のメニューが気になっていたのだが、
さすがに夜は行く機会が無く、現在に至る。
今日はその時気になっていたメニューを中心に頼んだ。

まずはシンガポールと言うことでタイガービール。
先日無くなったHさんと向こうに行った時は、
これを飲みながらあちらの料理を食べたものだ。
ついでにシンガポールスリングも、発祥の地である
ラッフルズホテルまでわざわざ飲みに行ったっけ。
懐かしい。

豆苗のガーリック炒めと酸っぱいサラダ。
エビのブラックペッパー炒めと中華のパン。
更に同じものをホワイトソースで。
我々の中ではブラックペッパーに軍配が上がった。

〆はやはりチキンライス。
その前の時点で結構お腹いっぱいだったのに、
これは食べられる。Hさんとは蒸し鶏だけじゃなくて、
焼いた鶏肉のチキンライスも食べたっけな。
あれを出す店は日本に無いんだろうか?

最初は渋々といった感じだったMも、
出てくる料理がどれも美味しかったので、
「美味い美味い」と言いながら満足した様子。
よかった、良かった。

やきそば牛丼

お昼にすき家の限定メニュー、やきそば牛丼を食べた。
これまで、きんぴらこんにゃく牛丼であるとか、
カレー南蛮牛丼であるとか、一風変わったメニューを
期間限定で出しているすき家。
そして、そのいずれも食べている俺(笑)。

すき家は会社から少し離れた場所にあるので、
滅多に行かないのだが、
年頭に兄からLINEでクーポンがもらえると聴き、
早速登録して毎週クーポンをゲットしている。

平日はそんな感じだが、母を見舞った宇都宮で
コインランドリー方面にたまたますき家があるので、
どちらかというとそっちで使うことが多い。
クーポンがだいたい金曜日に届くので、
タイミング的にもバッチリなのである。

上記のきんぴらこんにゃくとカレー南蛮は食べたし、
それとは別に春キャベツ牛丼なんてのもあって、
それは結構好きだったし、何しろやきそばも牛丼も
どっちも好きなので、半ば期待して食べに行った。

見た目は丼に焼きそばが盛り付けられているだけ。
麺をかき分けると肉が出てくる。
今回は玉子とお新香のセットにしたので、
卵をかけた上から特製ソースをぶっかけ、
おもむろにかき込んだところ、
肉が多めの焼きそばがご飯に乗っているという、
あまりにも当たり前の感想しか浮かばなかった。

制作意図としてはそれで正解だったのかもしれないが、
意外性も何もなく、何だかなあと思うばかりだった。

たろっぺ

春を感じる食べ物のひとつにたらの芽の天ぷらがある。
その昔、奥日光に住んでいた頃の話だが、
冬の間、俺と兄は父と離れ、母と三人で暮らしていた。
とある施設の管理をしていた父は、
そこに残って厳しい冬の自然から守る仕事をしていた。

小学校まで16キロ。普段もクルマ通学だが、
冬は雪に閉ざされてしまい、とても通いきれない。
そこで近所の家庭も全てそうだが、
学校の近くに家を借りて住むのだ。

そんな厳しい冬が終わり、春が訪れると
木々が一斉に芽吹く。
そんな中、タラノキも芽吹く。それがたらの芽である。
我が家ではこれを「たろっぺ」と呼んでいた。
正しくはたらの芽だと知るのはだいぶ後の話である。

厳しい冬が終わり、久しぶりの一家団らんである。
摘んだばかりのたらの芽を天ぷらにして食べる。
子供ごころにもこれは美味しいと思った。
そんな美味しいものが、一年のある一時期とはいえ、
そこら中に生えていたのだから幸せだった。

日光から降りてきてからは簡単には手に入らなくなり、
食べる機会が減ってしまったが、
たらの芽自体がメジャーになったおかげで、
都心のスーパーでも天ぷらが手に入る時代になった。

今日はお昼に何を食べようか散々迷った挙げ句、
マルエツでたらの芽の天ぷらを発見して、
おにぎりと一緒に食べた。
しょうゆで食べたが、やはり塩がいい。
もし、今シーズンまた食べる機会があれば、
次回は是非塩でいただきたい。

おするとスペアリブ

昨日差し入れで「京するめ」というものをいただいた。
いろいろな種類があるようだが、
昨日のは「ホットおする」といい、
酒のつまみに最適なものだ。
まあ、昨夜は残念ながら疲れちゃって飲まなかったけど。

いくつか持ち帰って今朝食べたんだが、
包装紙の裏面を見て、むむむ!?と思った。
そこには
「個包装内の可食部には不同がございます。」
と書かれていた。

何のことやらさっぱり分からなかったが、要するに
「小さい包みの中の食べられる部分は不揃いです。」
ということだ。
友人Hによると「食品衛生法用語の羅列」だそうだ。
ちなみにHは地元でそっち関係の仕事をしている。

そんなことがあって、赤坂に打合せに直行した。
池袋から丸ノ内線で後楽園乗り換え六本木一丁目。
乗り継ぎがいいと、乗り換え案内で見たよりも早く着く。
今日もそのパターンだった。

打合せが終わって12時半だったので、食べに行く。
帰っていつもの乏しいバリエーションの中から選ぶのも
正直飽きている。

溜池から赤坂方面に飲食店が並ぶ路地を行く。
すると「サッポロ★黒ラベル 196円」の文字が
ひときわ目立つ黄色い看板が目に入った。
釣られて近づくと、ランチ営業をしていた。
「雅屋」という居酒屋だ。

つい最近オープンしたらしく、
15日まで880円の牛焼き肉定食や、
コロッケ定食700円がいずれも500円均一!
迷わず地下に降りた。
看板を見た時は牛焼き肉に惹かれたが、
メニューをよく見て「スペアリブのトマト煮」にした。

トマトスープの中にスペアリブが二本ドドンと入っている。
木のスプーンが付いていて、
肉を骨からこそげ取って食べる。
よぉ〜く煮込んであるため肉はあっさりと取れた。
そして、やわらかくて美味しい!!

サラダと高菜の漬け物、味噌汁も付いていて、
ごはんも適量。
こんな店が近くにあったらなあ・・・。
わざわざ食べに行くには少々遠い。
でも、赤坂に行った時にはまた来てみるか?
とりあえず、メモメモ。

ドライフルーツが好き

にわかにドライフルーツが好きというマイブーム到来。
遡ること数ヶ月前、現場で会ったSさんに薦められた
「塩トマト 甘納豆」

見た目がちょっとアレだし、トマトと甘納豆が結びつかず、
恐る恐る手を出したら、これが美味い!
トマトの酸味と甘味がギュッと濃縮され、
更に塩味がそれらを引き立てる、まことにあっぱれな味。

ドンキでも売っているということだったので、
数日後にはゲットして家に持ち帰ったところ、
あんまり評判がよろしくなくて、
また買おうという気にならなかった。

ところが昨日ヒマにまかせて成城石井をブラブラしていたら、
Sさんに現場でもらったものと全く同じ商品があった。
どうやらあの時いただいたのは成城石井で買ったものらしい。

食べてみたい気持ちはあったのだが、ちとお高い。
持ち帰ったところで誰も食べなければもったいない。
美味いんだよお〜とスタッフのKに言うが、
見た目で彼もちょっと敬遠しているのが見て取れる。
なので、その場はやり過ごした。

隣りのファミマでペプシスペシャルを買う。
ラーメンを食べたので脂肪の吸収を抑えようという魂胆。
何気に棚を見ると、ドライフルーツのコーナーに、
ドライトマトがあった。
とりあえずこれでいいかとひと袋買い、
歩きながらKにあげると、
「あ。美味い」と顔をほころばせた。

だろ?だろ?と嬉しくなって更にふた粒ほどあげる。
俺もふたつ三つ食べたら、あっと言う間に減った。
残りはひと晩寝かせて今日食べた。
塩気が無い分フルーティーな味わい。これはこれで美味い。

今日は今日でまたドライフルーツを品定めに行き、
ナツメを買った。
クレオパトラも食べていたと言われている。
美貌にこだわっていた人だから、カラダに良さそう。
皮がパリっとしていて、中身はプルーンみたいな味。
残りは家に持ち帰って赤ワインのツマミとして食そう。

久々、中華呑み

疲れが溜まっているのか、力が入らず、
昼には出勤のつもりが大幅に遅れて、15時頃出勤した。
土日も現場で代休も取ってないし、これくらいは。

明日からまた現場だし、
今日も早く帰るかと帰り支度をしていると、
Oさんからお誘いが来た。
今年、ゴールドコーストに一緒に行ったSさんと、
以前同じくゴールドコーストに一緒に行ったMさん、
このふたりが今打ち合わせに来ているので、
一緒に中華でもどうですか?ときたもんだ。

特にMさんは俺と音楽の趣味がよく合い、
マニアックな音楽談義に花を咲かすことが出来る、
貴重な仲間なのだ。俺が断ろうはずがない。

中華といっても、肩肘張った高級店ではなく、
近所の「中華十八番」という、町の中華屋さんである。
餃子、回鍋肉、ニラ玉、唐揚げ、チャーハンなど、
総勢5人なのでバンバン頼んだ。

しかも、ここは麺類の大盛りがサービスなので、
最後の最後に焼きそばを頼んだのだが、
俺以外も皆さん食欲旺盛な方たちなので、
ぺろりと平らげた。

ビールも呑み、お腹パンパンで
帰りの電車で寝ないようにするのがたいへん。
それにしても、みんな言ってたけど、
今日はニラ玉が特に美味かったな。

そういえば、帰りに東京駅のホームで、
劇団☆新感線「五右衛門ロック」最新作、
「ZIPANG PUNK」のポスターを見た。
今回はお馴染みの面々に加えて三浦春馬が出るらしいよ。
あー、久しぶりに観たいなあ、新感線。

| 1/23PAGES | >>