calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

categories

archives

access counter

モーフィング

今日は休みたかったんだが仕事は待ってくれない。
泣く泣く出掛ける。
案の定、MとKっちは来ない。
俺もゆっくり行ったが、SとIはもっと遅くに来た。

待ってくれない仕事とは何か?
某表彰式の永年勤続25年賞の人達の写真を、
25年前と今の写真を並べて見せるのだが、
ただ並べても面白くないから、
若い顔から歳とった顔に変化する様を動画で見せるのだ。

俺がこの時のためにネタとして仕込んでいたのが、
「FotoMorph」というフリーソフトである。
2枚の写真を取り込んで、目、鼻、口など
適当な部分に点(アンカーポイント)を打つ。
もちろんそれらの位置関係は変わらないが、
成長の過程でサイズが大きくなったり、
それに伴って離れたりするので、
年を追うごとに変化していく様が分かる。
まあ一番分かりやすいのは生え際だったりするのだが…。

今回もチョチョイとやっつけようと思っていたのに、
ソフトの調子が悪い!
一度アンインストールして入れ直したがダメ!
これでは仕事にならないので、別なのを探した。
それが「Sqirlz Morph」である。

これの優れているところは、
異なる解像度の2枚の写真を
いずれかのサイズに瞬時に合わせてくれるところ。
flash、gif、aviいずれかで書き出せるのも秀逸。
難を言えば別窓で仕上がりを見ながら進められるのだが、
その窓が小さ過ぎてあまり役に立たない。
それ以外は良し。

とはいえ、万能ではないので、
Photoshopを使って顔の大きさを合わせたり、
せめて目の高さを合わせたり、
そっちの作業に時間を取られた。
おまけに、ビフォーアフターの順番で作ったのに、
18人分出来上がった直後に
アフタービフォーにしてくれと直しが入った。
まあ、そんなこんなで苦労した訳です。
楽しかったけど。

ところで明日は20年ぶりの大雪だって話なんだけど、
現場なんだよね。

待つ。ひたすら

完徹で迎えた朝、やけに寒い。
8時半までにファイルを送っておけば、
お客さんが10時までに戻してくれる。
とりあえずそれまでは眠れる。
明かりを消して会議室の椅子を並べて横たわる。
すぐに眠気が襲ってきた。

始業時間よりだいぶ前に誰かが来た。
物音で目が覚める。
寝ている俺を発見したらしく、
必要最小限の明かりにしてくれたが、もう眠れない。

何人か出社してきたところで起き出し、席につく。
Sが昨夜帰りに買ったという恵方巻きをくれた。
それで朝ごはんにした
メールで来るのか、あるいは電話か?
それを元に今度は名札を作らないといけないのだ。

しかし、待てど暮らせど来ない。
協力会社のK君が訪ねてきたのでSと一緒に会う。
SはそのままK君とお昼を食べに行ったが、
居残って連絡を待つ。

お昼を回った頃、隣りの会議室に寝に行く。
Oさんが寝ているのは知っていた。
しばらく経ってから彼の目覚ましが盛大に鳴り、
彼は出ていった。

13時半くらいにまた起き出し、机に向かう。
すると、小一時間ばかり前にメールが来ていた。
こちらの労をねぎらうありがたい文面。
しかし、肝心の具体的な指示は
別な人から送られてくると書かれていた。

また、待ちである。
ひとまずお昼を買いに行く。
外はやけに寒い。予報どおりこの後大雪になった。
寒いのでレンジでチンするラーメンを買って食べた。

その後やっと具体的な指示が出て作業が始まったが、
五月雨式に修正が入り、このまま行くと
エンドレスで修正し続ける羽目になるという
イヤな予感がした。

そして予感は的中し、会社の近くで晩ごはん中。
またしてもラーメン。
せっかく燃えやすい体質になってきたというのに、
また逆戻りかよ。

ネバーエンディング打ち合せ

今朝は娘がスキー教室に行くというので、
待ち合わせ場所の友達のマンションまで送った。
朝5時50分集合。辺りは真っ暗である。
フロントガラスの夜露が凍り付いていたため、
溶け切るのを待って出発。

帰って二度寝したのはマジな話。
朝ごはん食べて三度寝したのもホントの話。
先週はほぼ毎日終電だったので、
どうも疲れが溜まっているようで、
寝られる時には惰眠を貪ることにしている。

今日はロングな打ち合せの前に、
データを整理しておきたかったのだが、
三度寝のおかげで頭スッキリ!
無事打ち合せ用の資料は出来た。

それを持って行っての打ち合せはどんでん返し有り。
その後も引き続き関連の打ち合せが
場所を変えてあったため、
今頃から作業する羽目に。

頑張りまーす。

雨に煙る東京タワー

今日は朝から雨。いきなり寒い。
15時から打合わせのため、その準備をしつつ、
お昼をちょっと逃す。

行きしなにとりあえず小諸そばに駆け込んで、
この夏最後と思われる天もりそばを食べる。
まあ、小諸の場合、天そばの冷たいのを頼むと、
自然にこれになる訳だが、
最近、二枚盛りが食べられなくなったよねー。と、
同僚のOさんと話している。
今日は大盛り、1.5倍。これならまだ食べれる。

予定通り御成門に着く。
外に出て待っていると、東京タワーが見える。
しかも、上の方は雲に覆われてしまい、見えない。
ずいぶん低い位置にある雲だと考えるべきか、
東京タワーが高いと考えるべきか迷う。

もう、来週末現場だし、今日は細かいところを、
しかも、なんとなくうやむやになっている部分を
ハッキリさせておこうじゃないか!という会議だ。

といっても参加者は5人。コアメンバーである。
だいたい、主催者のFさんが質問し、
代理店のSさんが答える。という流れだった。
俺も資料を出しつつ、補足説明する。
昨日決まった器材はリストをAさんに渡し、
彼が英文で展開してリクエストを待つと決まった。

時間を考えると、結構ギリギリなタイミングだ。
本当は今週いっぱいには欲しいんだけど、
まず無理だろうなあ。
相手はみんなゆっくり時間が流れている国々なのだ。
それも加味して週明けですかね。

まさかの連続

来月富士急ハイランドで行われるイベントのロケハン。
そう、確かにロケハンと聴いていた。

朝、新宿西口で新宿西口で待ち合わせ。
なかなか相手が来ない。
ショートメールを入れてみると、
しばらく経ってから返事が来た。
曰く、渋滞にはまって遅れるとのこと。
だったらコーヒーでも飲むかとうろつくが、
あいにくそんな店は無い。

しばらく待っていると、ようやくSさんが来た。
愛車のボルボの調子が悪いので、
それもあって遅れたとのこと。
後部座席にはS村くん。彼は昨日も一緒だった。

走り出してしばらく経ってから信号待ちをした。
なんかこのクルマから煙が出ている。
慌てて道端に停めてディーラーに電話。
その間、我々はレンタカーを探した。

結局、烏山でレンタカーに乗り換え、
ボルボは駐車場に入れた。
11時には談合坂に着いて、早いけどお昼。
早々に食べ終わっスタ丼のふたりはタバコを吸いに行き、
マイペースな俺はせっかくなので、ほうとう。

現地には12時過ぎに過ぎに着いた。
建物の中には30人くらいの先客が居て、
打ち合わせの真っ最中。
今日は俺たちだけかと思ったら全体のロケハンだったようだ。

ケータリング会社と打ち合わせしつつ、
遅れてきたT社のU社長も交えてロケハンを行う。
彼らは15時過ぎに引き上げていった。
そして、そこからは打ち合わせに付き合うことに。

結局、現地をでられたのは21時!
途中、今度は上り車線の談合坂で食べ、
烏山で俺がレンタカー、Sさんがボルボに乗って、
Sさん宅を宅を経由して渋谷で解散。
いろんな「まさか」が続いた今日だが、
帰りも23時を回ることになるとは予想外だった!

今日もアジアの皆さんと

今日は芝公園で現場。
朝はなぜかバタついてしまい、ギリギリ到着。
着いた途端にミーティングが始まった。危ない。

内容的には、これから東南アジアにビジネスで
打って出よう!という人たちの集まりで、
既に成功している人、ASEAN諸国からの誘致担当者
などが集まる経済会議である。

我々は受付けしてもらって、並ばせて、座らせて、
いつもと変わらぬ仕事である。
でも、いつもと違うのがASEAN諸国が絡んでいること。
10月に横浜でASEAN絡みの大きなイベントがあり、
目下、その準備の真っ只中なのである。

しかも、今日はそのための試食会があって、
本来ならばそっちに行かなくちゃいけないんだが、
頼まれて今日はこっちに来たのである。

話がボヤけてしまったが、ともかく言いたいのは
最近アジアと縁があるなあ。ということ。
特にASEAN諸国はこれから伸び盛りなので、
5月にやはり横浜で仕事があったアフリカ同様、
大切にしなくてはいけない国々なのである。

だからこそ、このタイミングで
色々な仕事が発生しているんだろう。
そう考えると、歴史に立ち会っているのかもなあ。

暴風雨の中、撤去!

朝起きてみると、雨は降っていなかった。
だが、台風は依然として勢力を保ったまま、
こっちに近づいてきているらしい。
関西の方は超ヤバい被害に遭っているらしい。
これから撤去。早く終わらせたい。

8時に現地に向かう。途中で雨が降り出した。
今日は変な話、本来なら眺めていればよかったので、
気楽に構えていた。

ところが、各地で甚大な被害をもたらしている台風が
これから来るのが分かっているのに、
御神酒所のテントをそのままにしておけないよね。
という話になり、大工さんも居ない中、
急遽、素人軍団が御神酒所を解体することになった。

とはいえ、テントなのでだいたいは分かる。
逆に困るのがお神輿だ。これは手が付けられない。
自治会長は立会いで来ていたのだが、
大工の親方を呼んでもらって指導を受け、
素人軍団は雨の中、お神輿を解体した。
ああいう構造になっているとは!
またひとつ勉強になった。

30分で終わると踏んでいたのだが、
どんどん雨がひどくなる中、結局2時間掛かった。

今日は17時から明日の現場のオリエンがあり、
芝公園に行かなくてはならない。
家に帰ると来れなくなる可能性もあるため、
食料を買い込んで会社に向かった。

会社では10月の横浜の現場のマニュアルを書いた。
でも、眠くて眠くて、午後はほとんど寝て過ごした。
起きてみると、台風は東京直撃を避けるように北上し、
前橋の方に向かっていた。
電車は平常通り動いている。ラッキー。

芝公園に着いた頃には雨は完全に上がっていた。
20時までの予定が21時になったが、
台風はもう消えて無くなっており、
何やら拍子抜けした次第。

中止!そして赤坂泊まり

こんな天気でホントにやるのかな?
そう思いつつも赤坂に向かう。
なにしろ台風である。しかもかなりデカい。
発生した時からずっと気になっていたが、
いよいよ関東直撃はまぬがれないようだ。

途中、今日出演予定のDJから電話が入った。
この台風18号の影響で電車が動いておらず、
どこか途中の駅までタクシーで行くから遅れます。
とのこと。気をつけて。と言って切った。

すると今度は担当のOさんから電話が。
今日は神輿の出発式があるので先に入っていたのだ。
何だろう?中止かな?と思ったら、別件だった。
遅れ気味で六本木一丁目駅に着き、
改札を出たところで、またOさんから電話。
今日は中止にします。とのこと。やっぱり。
縁日屋台が風で吹っ飛んだそうだ。
怪我人は無かったらしい。

さあ、そうなると今度はキャンセルだ。
さっきのDJに折り返し中止になった旨を伝え、
看護師さん、出演者関係にも電話。
そして、夜20時に撤去のスタンバイをかけていた、
施工屋さんにも連絡を取って早めないといけない。

今回、テントとそのほかの施工は別業者なので、
どうせやるなら足並みを揃えないといけない。
テントは11時半。そのほかの施工は13時には
なんとか来れると言う。

我々はとにかくテントやらテーブルセットを片付け、
お神輿が広場で担げるスペースを作った。
この日を楽しみにしていた担ぎ手の皆さんは、
雨の中でも威勢よくワッショイワッショイ荒ぶる!
これぞ江戸っ子の心意気だねー。

お昼はスタッフ引き連れ、プレーツでランチバイキング。
みんな、雨の中頑張ってくれてるから、
これくらいしないとね!

他の屋外イベントも軒並み中止らしく、
施工屋さんは職人の取り合いになっていたが、
約束の13時には来てくれた。
雨雲は通り抜けたのか、午後からは風が強かったが、
15時半には一部を残して撤去完了!
担当Oさんとふたりして、
「出し切れなかった感」がいっぱいで、
悔しい思いを共有した。

さすがに水道工事までは間に合わなかったので、
それは予定通り明日だ。
今日は宿泊を取っていたので、
一瞬、キャンセルも考えたが、
明日来れないのでは困ると思い、泊まることにした。

初めて泊まるホテルだが、元々マンションらしく、
ちょっと面白い作りだった。
16時に開放されたので、まずはシャワーを浴びて、
乾いた服に着替えた。

DVDプレーヤーが部屋に備え付けられていたので、
TSUTAYAに行ってみたが、うちの方と違って高い!
や〜めた(笑)。その足で赤坂見附まで行き、
ビックカメラを覗く。
ベルビー赤坂がホントにビックカメラになっていた。

その後、赤坂のど真ん中にドンキを発見し、
ちょいちょい買い物してホテルへ戻る。
依然として雨は降らない。むしろ晴れてきた。

夜になってお腹が減ってきたので、
来月のASEANフェスティバルの下見とばかりに
BIZタワーの地下にある海南鶏飯でチキンライス。
夕方TSUTAYAに来た時にチェックしておいた。
揚げがあったので、そっちにしたが美味しかった。

とにかく明日の天気はどうなるか分からない。
油断大敵である。

太鼓ドンドコドン

今日のゲストの太鼓チームが9時入りと聴いていたので、
8時半に行った。
太鼓チームは9時には来なかったが、
もう一方のゲストの紙芝居やさんが先に来た。

紙芝居やさんは昨日も会場の様子を見に来てくれた。
その時もなんとも人懐っこい顔立ちの人だなあと
思っていたのだが、本番の掴みはスゴかった。
一瞬で場の空気を自分のものにしてしまう。
長年培ったテクニックもあるだろうが、
持って生まれた才能もあるだろう。

さて、今回は「meet the meat」というテーマで、
グルメ屋台の各店舗は肉料理のメニューを提供している。
昨日の昼から2軒ずつ食べられるよう挑戦しているが、
明日迄使えばなんとか全店制覇出来るんだろうか?
定番メニューあり、特別メニューあり。
これまたこのお祭りの楽しみのひとつだ。

そして今回は多彩なゲストを招いている。
先程書いたがもうひと組は太鼓チームだ。
伝統の云々ではなく創作大鼓で、
昼の部は子供も多く居るので、
頼んでワークショップにしてもらった。
まずはこちらが大好評。

そして夜の部、今度は本格的な演奏のみ演ってもらった。
オリジナル楽曲の迫力ある演奏。構成も素晴らしい。
持ち時間を過ぎていたので、アンコールは為しに
してもらったが、万雷の拍手の中終了した。

そして、今夜のクライマックスは盆踊り。
来週お彼岸じゃん!と言う無かれ、盆踊りなのだ。
明日は会場内を神輿が練り歩くため、
担ぎ手だけで400人という話なので櫓は今夜撤去した。

撤去が終わって22時過ぎ。今夜は4人で飲み物を買い、
また六本木一丁目駅前で乾杯。
Kは昨晩乗り過ごしたらしいから気をつけてな。

三味線べベンベン

本日、赤阪アークヒルズ秋祭り初日。
今回、事前作業はほぼひとりで背負い込んでいたので、
やってやる感が強い。
朝早いのもなんのその。7時半過ぎには現地到着。

鍵をもらって上にあがると音響さんが仕込んでいた。
今日は三味線デュオがゲストなのだが、
演奏場所を昼と夜で分けようと考えていた。
なぜなら今日は平日なので、
オフィスの人たちが昼時に押し寄せるため、
昼間はランチテーブルの近辺で演奏してもらい、
夜はじっくり聴いてもらえるよう、
ベンチ席の方にステージを設けたかったから。

結果は上手くいったと思う。
3回めのステージの頃には日もとっぷりと暮れ、
このために用意した照明も映えた。
演奏も3回とも内容を変えてくれ、楽しませてくれた。
ふたりとも超絶技巧で、演奏そのものに迫力がある。
曲がどうこうではなく、そっちに目を奪われてしまう。

さて、他の部分はどうだったかというと、
今年はいつになく、午後のお客さんの引きが早かった。
しかも、なかなか戻ってこないねー。
なんて、いつも縁日をやってくれるMさんと話していた。

毎回朝の準備でテーブルセットを大量に動かすのだが、
これでまず汗だくになって着替えた。
去年もやっているので今年はTシャツ2枚持参。
本番終了後にまた着替えて帰る。

帰りが同じ方向のKとビールを買い、
ひとまず初日を乗り切ったお疲れの乾杯。
しばし、六本木一丁目駅前でウダウダした。
早く帰ればいいのに、何やってんだろうね。

| 1/30PAGES | >>