calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

categories

archives

access counter

閉ざされた街

「とうちゃん、今、電話が鳴ってたみたいだよ」
布団の中でまどろんでいた俺は、
一足先にソファに陣取った息子から声を掛けられた。
何となく、雪がどうこうという声は聴こえていたので、
もしかしてだけど、と思って、
見覚えの無い着信履歴のナンバーに折り返す。

案の定、今日のお客さんが出た。
西日本の先生方を招いてのセミナーだったのだが、
肝心の講師の皆さんの飛行機が大雪で飛ばず、
今日は中止です。とのこと。
今週はあまり眠れなかったので疲れていた俺は、
思わずガッツポーズ!やったあ!今日は休みだ!

時刻は8時半。時間はたっぷりある。
とりあえず朝ごはんを食べてのんびり。
玄関を開けて外を見ると、
通路にまで雪が吹き込んで積もっている。
こんなのマジで何年ぶりだ?

お昼を食べて、塾に行く息子と一緒に出掛ける。
10年ぶりに引っ張り出した、
SORELのスノーブーツが大活躍!
雪山での仕事用に買ったものだが、
捨てずに取っておいてよかった。

息子とは塾の前で別れて、俺はTSUTAYAへ。
先月観た「ロストボーイ」繋がりで「ヤングガン」、
11と12は観たので「オーシャンズ13」、
大好きなTHE CULTがテーマ曲を演っている、
ニコラス・ケイジの「60セカンズ」、
そしてクリスチャン・スレーターの「クロス・ゲーム」。
以上4本、アクション映画三昧。

帰り道、トボトボ歩いていると
我が家の女の子チームとすれ違う。
娘が髪を切るために、ふたりして出掛けるところだ。

家に帰り、まずは大音量で「ヤングガン」を観る。
みんな若いのに演技が安定していて安心して観れる。
だが、それだけの映画。
エミリオ・エステベス(ビリー・ザ・キッド)の狂気。
そこに至る経緯が全く描かれていない。
だから残念なことに、純粋に人殺しを楽しんでいる、
ただの気違いにしか見えない。

だから、赤穂浪士的な仇討ち劇にも関わらず、
正義がどちらにあるのかもしまいには分からなくなり、
道理をわきまえていない若者が、
なんかノリでやっちゃいました!テヘッ!
というような軽さ。
まあ、これも観なきゃ分からないんだけどね。

夕方まだ明るい内に家の前から始まって、
クルマのフロントガラス(18センチ位?)と、
マンションの玄関先を雪掻き。
風が出てきて震え上がった。
速攻で風呂に入ったのは言うまでもない。

終わって、肉

昨日のホテルは新浦安のリゾートホテルだった。
部屋に入るとKっちが笑いながら電話してきた。
とにかく面白過ぎるから来てくれと言うので
S、Iと一緒に訪ねてみると、
部屋には滑り台とロディが置いてあった。
その名も「チャイルドプレジャールーム」(笑)。

話は少し前後するが、2時まで会議していた。
帰りにセブンイレブンで朝ごはんとビールを買って、
隣りの部屋のS、Iと飲んだ。
本当はMと相部屋だったのだが、
遅れてやって来て俺達の様子を見たときに、
長くなりそうだと判断したのか、
部屋の交換を申し出てきたので、
快諾して荷物を移動し、また飲んだ。

現場は思いのほか上手くいった。
やはり、事前作業で死ぬ思いをしたので
成し遂げた充実感がかなりあった。
苦労しても徒労に終わることもあるので、
今回は感謝もされたし、報われた思いだ。

これから客先で荷物を降ろして、
会社に戻る前にMオススメの勝どきの焼き肉屋、
まんぷくに行く。
きっと今日の酒は美味い。
セーブしないと帰れなくなりそう。気をつけないと!

球体に近づく

今日はお台場に行った。
まあバレバレだが、一応、某テレビ局としておこう。
そこで来週末行われるイベントの打合わせだった。
今日の打合わせは本当に大事で、
なんとか漕ぎ着けたことで半分は肩の荷が下りた。

とにかく食の専門分野の打合わせなのでお手上げ。
餅は餅屋で、ある程度任せるしかない。
俺はイベントの概要的な部分とか、
保健所で聞いて来た話と違うところは口を挟む。
そして、決断すべきところは決断する。

そんな風にして3時間ばかり掛かったが、
ようやく終わった。
後は今日の話をまとめてもらい、
参加各国に英文化して投げて反応を待つという
大事なプロセスが待っている。
とにかく、ようやく実現に向けて走り出した感じだ。

打合わせが終わると、先方のOさんが
「せっかく来たんだから見学していけば?」
と言ってくれた。
専門家の先生は用事があると言って先に帰ったが、
アシスタントのSさんは残った。
俺も意外に初めてなので相乗りしてみた。

Oさんは例の球体の中を見せてくれると言う。
マジか!まだ一度も入ったことがないのでワクワクする。
入口があるフロアーまでエレベーターで上がる。
そこに来ただけで眺めがいい。感激。
海側、陸側共によーく見える。

一般の見学コースにもなっているため、
それなりの設備になっている。
そして、入口まで辿り着いてみたら、
通常月曜日休みなのだが、昨日休日だったため、
振替で今日休みだった。つまり入れない。残念。

しかし、高いところの渡り廊下は
下に何も無いと分かっているので気持ちがスースーする。
いわんや、球体をや、である。
中にいる分には意識しないんだけど、
観覧車もあまり得意な方では無いので、
入れなくてよかったかも。
すごく見てみたい気持ちと半々かな?

三連休始まる。

午前中は何もしない。
しいて言えば、駐車場の契約書を書いて、
郵便局まで行ってポストに投函したくらい。

そもそも今日は一日ゴロッチャラしているつもりだった。
しかし、そうもいかず、前から気になっていた
「TK from 凛として時雨」をリバティで借りた。

お昼は焼きそば。それを食べる裏でCDをコピー。
食べ終わると、盤面の制作に取り掛かる。
作り方としては、だいたいブックレットから
写真を取り込んで、曲順を入力して配置して完了。
今回も上出来だ。

それを返しがてら、ガソリンを入れに行く。
最近、コスモのカードを作ったのだが、
明細を見たら159円とあった。ふぁっ?!
思わず店に電話。通常価格を尋ねると164円だと言う。
いつものセルフなら通常価格が159円で、
そこから会員価格2円引きなのに、
元がそんなに高いんじゃ、カード作った意味がない。

会員価格は10円引きですよ。という言葉に釣られたが、
それすら入会後3ヶ月間のことで、
もしくは50リットルまでだというから、
今日37リットルも入れてしまったので、
もうあまり恩恵を受けることはない。ガッカリ。

その後ブックオフに行き、クローズZERO�3巻ゲット。
TSUTAYAで「キャプテンアメリカ」と、
「オーシャンズ11」を借りる。どちらも未見。
次にしまむらに初めて入り、広告で気になっていた
トレーニングウェアをチェックするが、
似合わなそうなので買うのはやめた。

明日は宇都宮だ。

昨日は中秋の名月

昨日は中秋の名月だった訳ですが、
チラ見したくらいでなかなかじっくりとは見れなかった。

そもそも中秋の名月とは何ぞや?と紐解くと、
旧暦の8月15日のお月様のことを指すんだそうな。
俺はてっきり今くらいの時期に見える満月を
そう呼んでいるものと勘違いしていたが、
必ずしも「中秋の名月=満月」では無いそうだ。

たまたま、ここ3年ばかりそうだっただけで、
来年以降は「少し欠けた満月」なんだそうだ。
しかも、次に中秋の名月と満月が重なるのは8年後。
ああ、今年チラッとでも見ておいてよかったね。

とにかく今日は少し欠けた満月ではあるけれども、
おまんじゅうとお茶を片手に眺めた次第。
雲に見え隠れする明るい月はなかなか見応えがあった。

御成門から新橋まで

今日は御成門で13時から打合せ。
昨日のほぼ徹夜の影響で朝は起きられず、
ゆっくり出たので会社に寄らず直行するかどうか迷い、
結局寄ったはいいが、バタバタになってしまい、
炭酸水だけ買って乗り込んだ。そして、今日も暑い。

13時からと思い込んでいた打合せだが、
実は13時半からだったりして、
だったら一回出て、カレーでも食べりゃよかったと後悔。

そもそもの打合せ自体は小一時間で終わり、
次の打合せに付き合って外に出た。
さあ、ごはんだ!

でも、あの界隈にはろくな店が無く、
フラフラと歩いているうちに西新橋まで来てしまった。
途中、建設中の虎ノ門ヒルズを眺めながら、
だったらあそこに行ってみよう!と、風龍へ。

風龍はアキバや池袋にもある博多ラーメンの店だ。
替え玉ふたつまで無料である。
今日はお腹が空いていたのでふたつ行ってしまった!

1杯目はノーマル。麺は普通。2杯目は麺は普通で、
そこに辛子高菜を入れ、スープの変化を楽しむ。
そして3杯目、卓上にあるスープの素を入れて、
薄まったスープを復活させて楽しむ。
だいたいいつもそんな食べ方だ。
もちろん、替え玉はひとつの場合が多い。
いやもう、最近、そんなに食べれませんて。

フローズン生とずぶ濡れ

今朝はまずミントの花を摘むところから始まった。
昨日、調子に乗ってジェノベーゼソースを
また作ったのだが、前回よりもニンニクを減らし、
塩も減らしたら、あっさりして美味しかった。

その時、ニオイが変わっちゃう、とか、
葉っぱが硬くなっちゃう、とか、それぞれの理由で、
ハーブ類の花は摘むべし!と色々書かれているので、
とりあえずバジルの花は摘んでおいた。
で、今朝ミントの花を摘んだ訳です。

そのあと昨日借りてきたもう一本のDVD、
「リトル・ミス・サンシャイン」を観始めた。
観始めたというのには訳があって、
約90分の映画だし、三回に分けて観ようと思った次第。
「バス男」を思わせる、好調な出だしだよ。

さて、今日は夕方からお台場で現場だった。
朝からそうだったが、今日もものすごく暑い。
現場が終わった後の打ち上げで、
かるーくビールを飲んだ。

巷で話題の「フローズン生」というのがあって、
泡が凍ってるんだけど、
こりゃ確かにいつまで経っても冷たいね、ちゃんちゃん。
というシロモノだった。

そして、帰りはまた土砂降り。
最近、なぜか夜になると雨が降る。
いつもと違って雷も夜中まで鳴るし、
明け方もおかまい無しに鳴る。
これもまた異常気象?日本の亜熱帯化の現れなのか?

いずれにしても、ちょうど戸田駅に着いた頃雨に見舞われ、
自転車漕いで帰ったけどずぶ濡れでした。

土砂降りですやん!

明日デカい現場があるので今日は人を読んで打合わせ。
Mさんと一緒に昨日伝えられたことを
一言一句漏らさずに伝える。

まあ、ちょっとね、昨年同じポジションで入った
女性スタッフがやらかしてるので、
今年は念を入れてる訳です。

それはさておき、
気がついたら土砂降りだったのには驚いた!
明日は全国から人が集まる会なので、
地方の人は今日東京に入ってるかな?
飛行機飛ばなくて、受賞者が来れない。
なんてことが無いよう願いたい。

帰りもずっと雨で、明日早いからと
早めに帰ってきたのに気分は台無し。
おまけに建築中のヤオコーの脇の道を歩いていたら、
猛スピードのタクシーから通りすがりに
バッシャアアア!と雨水をはねられた。

思わず、うわっ!と本気で叫ぶ。
くっそーと恨みがましくタクシーを見送るも泣き寝入り。
これがスーツなら追いかけたか。
全てはこの集中豪雨のせい。今年はホントに異常気象。
変なとこ歩いてた俺も悪い。恨むんなら雨を恨むぜい。

大崎から秋葉原

大崎で13時に待ち合せ。
そこから約1時間程の打合わせ。

中途半端な時間だったため、お昼を逃した。
何か食べなきゃな、と思うが、勝手が分からず、
ひとまず品川駅まで行ってみるが、
これと言って呼ばれるものが無い。
八丁堀まで戻ろうにも遠いし、
どっちにしろ立ち食いそばかなあ。
そう思うと虚しくなってきた。

それならば、と京浜東北線に飛び乗る。
目指すは秋葉原である。
秋葉原からなら、帰りも日比谷線一本で楽だ。
あの、東京駅での京葉線への乗り換えに
時間を費やさなくて済む。

とかなんとか考えつつ、結局辿り着いたのは
天下一のサービス定食である。
この暑いのに味噌ラーメンを食べた。
他にいくらでも候補があったのに、
ちらっと山口冨士夫さんがよぎったので…。

秋葉原に行くからには手ぶらで帰りたくない。
黙ってブックオフに向かう。
途中、以前楽器屋だったところが、
日高屋になっていて驚く。ご丁寧に2階はガストだ。

ブックオフでの収穫は無し。
MARIONのセカンド、どっかに置いてないかな?

仕事帰りは東京駅経由だったが、
なぜかいつもと違う車両に乗ったら、
東京国際フォーラム側の改札に近かった。
まさかそちらから出ることはしなかったが、
方向感覚が狂った。
日常から踏み外すと、トンデモ世界にぶっ飛ぶ。
ウルトラQだね〜。

山口冨士夫さん逝く

俺がこの訃報に出くわしたのは土曜日の朝。
失礼ながら、他の誰かと勘違いしていたようで、
既に亡くなっているものと思い込んでいた。
闘病生活を続けながらライブも続けていたようで、
周りの方々にしてみれば唐突な死であったに違いない。

「村八分」の山口冨士夫さん死去 路上で突き飛ばされる」

「村八分」「裸のラリーズ」などのロックバンドで活躍したミュージシャンの山口冨士夫さんが14日、都内の病院で死去した。64歳だった。
警視庁福生署によると、山口さんは先月14日深夜、東京都福生市の路上で、米国人の大学生の男(32)に突き飛ばされて後頭部を打った。病院で急性硬膜下血腫と診断され、一時意識不明の状態だったという。男は傷害容疑で逮捕され、今月9日に傷害罪で起訴された。
1967年に「ザ・ダイナマイツ」のギタリス トでデビュー。69年に故・柴田和志さんらと「村八分」を結成し、「はっぴいえんど」などと共に、当時は珍しかった日本語のロックを展開した。葬儀は近親者のみで営み、後日、お別れの会を開く。
asahi.com(2013年8月15日18時5分)


亡くなったという事実だけではなく、
突き飛ばされた時の怪我が元で亡くなったという
現実を突き付けられ、ショックは増すばかり。
波乱の人生の最期にせめて安らかな死を。
そう願ってはいけないのか?
神はあまりにも非情だ。

大学に入って間もなくの、ある土曜日の晩。
クラスが一緒で、友人になったばかりのYと
渋谷のセンター街にあった天下一品で食事していた。
店の奥の方では、先客が賑やかに飲み食いしていた。

その中の、外国人と見紛うばかりの彫りの深い男が、
「お兄ちゃんたち、俺たち今からそこのライブハウスで
演るんだけど、見に来ない?」
と、唐突に話し掛けてきた。

俺はその一団の中にラスタ帽の人物を発見すると、
「レゲエですか?」と尋ねた。
「レゲエだってよー!」と楽しそうに男は笑い、
周りもどっと沸いた。
「面白いなあ。飲んでよ」と、ビールを勧められた。

ビールまでごちそうになってしまい、こりゃ
ライブに行かないとまずいかな?とも思ったが、
田舎から出てきたばかりの俺たち(Yは会津出身)は
ビビってしまい、オレたちひょうきん族も観たいし、
ゴメンナサイして帰ってきてしまった。

雑誌「ぴあ」で、「そこのライブハウス」こと、
「渋谷屋根裏」をチェックすると、
男は当時既に伝説となりつつあった、
山口冨士夫さんだと分かった。

あの日、もしノコノコ着いていったら?
今とは少し違う自分になっていたんじゃなかろうか?
人生は選択の連続だ。合掌。

| 1/58PAGES | >>