calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

archives

access counter

帰ってきたロケンロー

今日は待ちに待った戸田橋花火大会!
昨年は震災の影響で早々と中止と決まった。
おかげでなんとも締まらない夏の幕開けとなった。
まあ、どちらかと言えば、毎年花火大会を境目として、
夏が終わりに向かうような、そんな雰囲気なのだが。

朝早くHさんから電話が掛かって来た。
6月に電車でバッタリ会った時に
今年も一緒に花火を観る約束をして以来である。
いよいよ大会当日となり、待ちきれなくて掛けてきたか?
だが何やらいつもと様子が違う。

主旨としては「昨夜弟が場所の確認に行ったら、
そこにあった会社が無くなりマンション用地になった。
付近を探したがいい場所が見つからないので断念する。」
ということであった。

ガーン( ̄□ ̄|||)

これにはビックリだ。
慌てふためいて、Yさんに電話して相談すると、
「花火はともかく、久しぶりに皆さんに会いたい」
と言うではないか。

だよね。
俺は大切な何かを見落としていたよ。
Yさん、ありがとう。
そしてふたりで後で探しに行くことにした。

T君は川口から小さいお子さんを連れてくる。
帰りの足を考え、早めに駐車場を探しにくれば?
と言っておいたら、昼過ぎには探しに来たのだが、
同じことを考えてる人逹ばかりのようで、
駐車場は既に満杯。戸田駅周辺もダメだとのこと。
来年は自転車で来るよ、と去っていった。残念!

昼前にYさんと合流して当たりを付け、
買い出しに行って16時に場所取り。
前の場所から400メートル程川上に来た場所である。
ここに18時にMさん一家を迎え入れて酒宴開始だ。
その前にまずは飲みますかと、缶ビール二本空けた。

Hさんにも再三電話するが捕まらず。
弟さんの番号は変わったらしく、連絡がつかない。

そして二年ぶりに迎えた花火大会は実にキレイで、
これなら来年もここでいいね!なんて言いつつ解散。
もちろん今宵もクライマックスでは
二年ぶりの「ロッケンロー」の雄叫びも夜空にこだました。
いやあ、実にいい花火でした。

それドーンと鳴った花火が

今日は待ちに待った戸田橋花火大会である。
朝5時のシュート練習に付き合った俺は
午前中に買い出しを済ませると午後は昼寝。
バッチリ体調整えて臨んだ。

夕方4時。Fさんから場所を弟が押さえたとの連絡あり。
暑い中、ご苦労様である。
以前はこの場所押さえは俺の役目だったのだが、
引っ越して遠くなったこともあり、
去年くらいからはFさんの弟Tさんにお願いしている。

6時をメドに現場に駆けつけ、まず乾杯。
ああ今日もビールが美味い!
持ち寄った肴をつまみに飲んで語る。
それから30分くらいでみんな出揃い、
総勢15名での鑑賞会となった。

すでに7時の段階で500mlのビールを二本空け、
いざ、カウントダウン!
去年は時間を間違えて近隣のマンションから
「上がらねえじゃねえか!」とヤジが飛んだ(笑)
今年はそんなことがないよう、細心の注意でもって
カウントダウンに挑んだ。

結果、なぜか今年も1分遅れて花火はスタートした。
俺自身が「上がらねえじゃねえか!」と言いたかった。

なんか今年は景気よくいくぞ!景気よくしていくぞ!
っていう景気のいいスローガンのもと行われたので、
いつにもまして花火が派手な気がした。
ラストの気合いのこもったウルトラスターマイン、
なんと1,415発!はまさにロケンロー!
故マイケル・ジャクソンに捧げたい。
小豆沢や秋が瀬辺りからも沢山の人が見たことだろう。
また戸田の夏が終わった。

河原でロケンロー!・・・ならず

花火大会、お疲れ様でしたーヾ(^▽^)ノクリックで拡大↓



今年は訳あってメイン会場で見ました。
朝から会場にずっと居て先程上がったんですが、
場所取りの様子とか人の流れとか面白かったっす。

いつもは漕艇場沿いの某所で盛り上がってるんですが
そこは割りと正面に見えるわけです。
しかし河原の場合、正面はすなわち打ち上げ場所なので
そこには人は入れないんですねー。ふむふむ。
逆に例年は土手に阻まれて見えない低い方の花火も見え、
ウワサのナイアガラも初めて見ることが出来たし、
ちょっとスッキリしました。
風も向かい風だったし、あっちじゃ煙かったかもなぁ。

そういやメイン会場で見てる人達って大人しくて
いつもみたく拳を突き上げてロケンロー!
って感じじゃなかったんですな。
酒入ってりゃ違ったかもな(笑)

まぁそんな訳でまた来年。

花火大会当日の様子

昨日は例年になく昼間から精力的に写真を撮りまくった。
まずは駅の様子から。

昨年の改装を機にヴィド・フランス店内をぶち抜いて
臨時改札にしているとのことだったが、証拠の写真がこれ。



おばさんも興味深げにのぞき込んでいた。

そして改札前に取り付けられた機械。



前に回り込んだが「調整中」との貼り紙がしてあり、
何用なのかはいまいち分からなかった。

そして初の試みとして河川敷にも行って来た。
こちらは一般席。だいたい2時半頃の様子。



割と皆さん間を開けて場所を取っており、
まだまだ座って見れそうな余地はあった。
特に戸田橋近辺などは全く持って余裕。穴場です。

そして昨年から設けられた有料観覧席。



上の方のテントは本部。中央にはステージがあった。

話変わってこちらは河川敷の喧噪から外れていつもの場所。
いつになく人通りが少ない気がしたが、
新聞発表によると45万人とのこと。
MSNの統計では去年は100万人の人出で、
なんと全国一位の人出だったようなのだが、
これはもちろん板橋と合わせての数字なんだろう。
それにしてもかなり人数は減ったんじゃないかな?

さて、今年のベストショットで締めよう。



昨日も書いたけど、毎年感じ方が違うのだが、
今年は特にラストが素晴らしかった。アタマん中、真っ白!
毎年花火を見ながら「ロッケンロー!」と叫ぶのだが、
花火もロックもアタマん中を真っ白にしてくれる点で
イコールな気がしている。


人気blogランキング「地域情報(関東)」に参加中です。
1clickでランクアップ!応援宜しくお願いします!

真夏の夜の華

朝、新聞を取りに玄関に降りると、
マンションの掲示板に一枚のチラシが貼ってあった。
「真夏の夜の華」。
ほほぅ、ちょっと前に告知されていた展示会だ。
あ、本日より開催じゃないか!

さっそく今日の分の宿題を終えた息子を誘い郷土博物館へ。
途中、町内の掲示板でポスターを発見。



ちなみに大きい方が展示会ので、小さい方が花火大会。
なにやら本末転倒風味(笑)

そして会場に到着。(展示室内は撮影禁止です!)



浴衣姿のお姉さんが中からひょっこり現れた。
おっ?特別展だけに学芸員さんもおめかしか?
中に入るとカメラクルーが取材中。
あぁ、お姉さんはTVレポーターか。

先客のお父さんがスタッフに何やら話し掛けられていた。

「あのぅ、広報のテレビなんですが、ご協力願えませんか?
あそこの花火の実演をお子さんにやっていただいた画を
撮りたいんですが。あ、お父さんもぜひご一緒に!」

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
やらせの現場を目撃してしまいましたー!(爆)


その取材してる横で息子とワイワイやっていたので、
OAの際には映り込んでいるかもしれません!
確か花火大会の前の日って言っていたような・・・。

で、肝心の中身ですが、まず目を惹くのはポスター。
壁一面にズラーッと貼ってあります。
これをとってあったってのはスゴイ。
そして部屋の真ん中には打ち上げ用の筒の模型。
模型といっても本物じゃないかしら?

また、数珠繋ぎになっている発射装置があって、
てっきり仕掛け花火だろうと思ったら、
スターマインのものだった。
あの複雑な形は、一発の玉に込められていた訳では
なかったんだ!と、これは新鮮な驚きだった。

そして玉の構造模型も展示してあって、
ハート形はハートの形に火薬を詰めているんだという
ことが分かる。
あと、何号玉かは忘れたが、玉の模型を持つことが出来る。
これなんと一発10kg!片手で持ってみたがとっても重い!
これを160cmくらいの筒に込める訳ですから重労働ですわ。

8月30日(木)まで開催中。


人気blogランキング「地域情報(関東)」に参加中です。
1clickでランクアップ!応援宜しくお願いします!

戸田公園駅からのお知らせ

戸田公園駅構内に今年も戸田橋花火大会関連の
「お知らせ」が貼り出されていました。

クリックで拡大↓


これによりますと、
・15:00〜22:30 階段規制
・16:00〜20:30 トイレ使用禁止
・15:00〜22:30 駅構内全域禁煙
・16:00〜20:30 エレベーター使用禁止
だそうです。

去年と比べると、エレベーターの利用規制が
若干ゆるくなっています。また、階段規制については
例年通りエスカレーターを含むものと思われます。
改札が非常に混雑する為、ホームから降りる人達を規制し
階段下のスペースがある程度空いたら次の人達を下ろす、
というものです。

当日はものすごい人出で、戸田公園駅も17時頃には
ホームからはみ出さんばかりに人が溢れます。
なかなか外に出られないといったこともありますので
市外から来られる方は早め早めに行動してください。

例年ですと西口を出て右手、ロッテリア前あたりに
仮設トイレが並びます。

また、ここには書かれていませんが、
ビーンズの自転車置き場は使用禁止となります。
買い物には不便ですね。

昨日は公式サイトで見られるような交通規制のチラシが
新聞に折り込まれてきました。
花火大会まであと約2週間です!


人気blogランキング「地域情報(関東)」に参加中です。
1clickでランクアップ!応援宜しくお願いします!

有料指定席料金改定

戸田橋花火大会公式ホームページが更新され、
有料指定席の販売店(購入窓口)が明らかになりました。

また、チケット料金が見直され、
ペアチケットが4,500円から5,000円に値上げしました。
その他の料金は変わらずです。(以下の通り)



公式ホームページによると
「シングル席2,500円に比して割安価格となることに
さまざまなご意見があり、ペア席は1名2,500円としました。」
だそうです。

様々なご意見はあってしかるべきとは思いますが、
4人座れるファミリー席以上は1名2,000円の計算なので、
ペア席は段階を踏んで1名2,250円という昨年並みの方が
良かったんじゃないの?というのが個人的な意見です。

購入窓口などの詳細は公式ホームページをご覧ください。


人気blogランキング「地域情報(関東)」に参加中です。
1clickでランクアップ!応援宜しくお願いします!

第55回戸田橋花火大会

今年も戸田橋花火大会の夏がやってくる!

公式ホームページも早々とお目見え(クリックで飛びます↓)


以下、第55回戸田橋花火大会基本情報です。

開催日:2007年8月4日(土)
時間帯:19:00〜20:45
打上数:約6000発
人出:約100万人(同日開催の板橋区側と合わせて)
※昨年実績44万人(板橋区側55万人)
料金:有料指定席(昨年実績シングル席2500円〜)
開催地:国道17号戸田橋上流側荒川河川敷
最寄駅:JR埼京線戸田公園駅
アクセス(電車):JR戸田公園駅から徒歩40分
荒天時:翌日に順延
交通規制:17:00〜21:30、戸田公園駅、会場周辺

問合せ先:第55回戸田橋花火大会実行委員会
048-431-0206


今年も板橋区の「いたばし花火大会」と荒川を挟み、
同日・同時刻に開催されます。
尚、昨年に引き続き有料指定席の販売が7月1日から
予定されています。販売店等の情報はまだです。
公式ホームページの情報更新を待ちましょう。
そして当然ながら事前の場所取りはNG。
※昨年は開催当日の午前0時から解禁になったようです。
ルールを守って楽しい花火大会にしましょう。


人気blogランキング「地域情報(関東)」に参加中です。
1clickでランクアップ!応援宜しくお願いします!

花火大会を終えて

今年も無事終わった戸田橋花火大会。
新聞記事から公式発表を拾ってみた。

−−

夏の夜空彩る1万発の花火
戸田の荒川


 第54回戸田橋花火大会が5日夜、戸田市の荒川河川敷で開かれた。
 今年は市制施行40周年。記念のスペシャルスターマインが「戸田市民 喜びの詩」と名付けて打ち上げられた。
 戸田橋花火大会は対岸の東京都板橋区側との同時開催で知られ、両岸から計1万1千発が夜空や川面を彩った。戸田市の大会実行委員会は混乱防止のため事前の席取りを禁止し、初めて3千人分の有料席を設けた。
 満席になり、周辺を含めて約44万人が花火を楽しんだ。

−−

皆さん、お疲れ様でした。

今年の花火

本日めでたく戸田橋花火大会終了!
うちの家族も入れて、
いつもの場所で総勢9名による花火見物。
我が家の年中行事だ。

昨日はタクシー帰りで4時間くらいしか寝ていない。
しかし、今日は仕事を持ち帰っていたりして、
おちおち寝てもいられず、9時に起きた。
昼には無事に仕事は終わり、すしおんどへ。
夏休みに入ってから家内はお昼を毎日作っているそうで
さすがにくたびれているらしい。
ちょっとしたご褒美である。

時は過ぎ、お客さん達と待ち合わせの時間になり、
そわそわ。しかも一向に電話が来ず、はらはら。
やっと掛かってきたのは15分ほど過ぎた後だった。
で、トコバスで駅に向かい自転車をピックアップ。
仮設トイレの裏で見事会えた。

すかさず、以前住んでいた家に程近い場所に移動。
ここ10年で6回目くらいか?
今日は三時から待っていたというカップルが先行。
おかげでいつもよりちょと場所が悪かったが、
まーいいでしょう。

子供らを迎えに帰宅し、再集結。
もう一組来るはずだった友人夫婦が来ていない。
再三電話しようとするが、その時点で圏外。
アジャパー。

風のある日は煙が滞留せずすっきりと見える。
今日もまたしかり。いい花火だった。
そしてまた首が痛くなった。
我々が見ている場所は、本当に近いのだ。
土手に阻まれてナイアガラは見えないが、
それでも醍醐味は十二分に味わえる
お気に入りの場所だ。

ところで今日のお客さんは飲む人が少なく、
持ち込んだ酒の量も少なかったのか
花火の途中でビールがなくなってしまった。
途中からはジュースなどを飲んでいたが、
さすがにアルコールほどにはテンション上がらずw

毎度のことながら花火の後は全員呼んで家呑み。
おにぎりが好評だった。
俺はといえばのどが乾いてひたすら水分補給。
時間をおくとどうも酒はダメだ。飲めなくなる。
あのまま飲み続けていたら、
今日は結構行ったんじゃないかな?

また来年!

本日のベストショット↓クリックで拡大
続きを読む >>

| 1/2PAGES | >>