calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

categories

archives

access counter

東京駅は巨大エリマキトカゲ!

息子の国語の問題集が無いんだそうだ。
去年までの先生はあったのに何故?
もしかすると、先生が買い忘れたんじゃないか?
そんな疑惑を口にした。

来週中間テストを控え、
他の教科は問題集があるからいいけど、
国語だけ勉強のやり方が分からないと言う。

じゃあ、買えばいいじゃん?ということで、
昨日家内が市内の書店をいくつか探したが、
「取り寄せになります」「置いてません」という、
言葉しか返ってこなかった模様。
ヨーカドーの本屋なんて結構デカいのにね?
売れ筋商品ではないってことなのか・・・?

それならば、とネットで探したら、
教科書準拠の問題集は複数の出版社から出ていた。
レビューなどを参考にこれ!と決めたら、
それは「あす楽」ではなく、3〜7日かかる商品だった。
すぐにでも欲しいから書店まで行ってるのに、
いつ来るのか分からないんじゃテスト終わっちゃうよ!
そう思って「あす楽」対象の別な問題集にした。

そこまではよかったんだが、
買った後で本当にこれでよかったのか?と不安になり、
実際の問題集の中身を確かめに行くことにした。

八重洲ブックセンターを目指してテクテク歩いていたら、
東京駅の駅舎の上に変な屋根みたいのが見えた。
あんなもん、あったっけ?
近づいてみたら、エリマキトカゲみたいなフードというか、
サンシェードみたいのが端から端まで付いていた。
なんかここんとこずーっと工事してるけど、
これはこういうデザインなんだな、きっと。

そして、八重洲ブックセンターでは、
やっぱり5〜6社から出ている問題集を発見!
俺が選んだ本もあったし、レビューでひどいことを
書かれていた本も決して悪くないどころか、
むしろ良かった。これでもよかったんじゃん!
まったくあの手のレビューは当てにならんなあ。

その後、音楽誌が見たくなり、6階から地下に降りたら
見あたらないので店員さんに訊いたら、
8階です。と言われた。
もう一度エレベーターで上に行ったら、
雑誌だけじゃなく、音楽・芸術・映画などの書籍が豊富。
特に他であまり見ないロック関係の書籍もたくさんあり、
眼福、眼福と言いながらホクホクして帰ってきた。

蛇足だが、その帰りに八重洲地下街のある本屋に入ったら、
場所柄女性も多いのだが、女性誌はごく少数で、
男性向けの品揃えでそれはそれで驚いた。
表に面した一般誌の並ぶ棚の裏側を見てみたら、
いわゆる成人雑誌やら官能小説などがズラッと並んでいた。
出張の時とかここで買って、車内で読むんだろうか?
いやあ、こういうニーズが東京駅にあったとはなあ・・・。

コメント
 教科書対応のなら蕨の志誠堂という本屋さんでみました。今年は行った時(先週・)が悪かったのか少なかったですが、去年のもう少し早い頃は規模のわりに種類もありました。見にいかれてたら失礼しました。
 
  • ショコラ
  • 2013/05/24 11:38 PM
情報ありがとうございます。
今度探しに行ってみます。
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック