calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

access counter

帰宅からの飲み会

今朝は三日目にしてやっと富士山が見えた。
でもスッキリとではない。
かすみながらも全貌がくっきり見えた程度だ。
昨日までみたいに山頂だけ、裾野だけ、
ではなかったのがせめてもの救い。
去年はすんごいよく見えたのにねー。

そんな富士山を眺められたのも束の間。
朝ごはんを食べたら、即着替えて出かける時間だ。
まだお盆休みのUターンラッシュは続いている。
昨日もそれを避けるために社長は2時過ぎまで居た。
そこまで居たなら泊まればいいのにとも思うが、
そこは好きずきなのでしょうがない。

高速に乗って割りとすぐに談合坂SAに寄る。
その後は助手席で渋滞ナビを操りながら、
「この後渋滞に突入だよ〜」とか
「あー、さっきよりだいぶ先の方まで真っ赤だねー」
とか、運転するHちゃんに話しかける。

何しろ今朝3時まで語り合った。
むしろ俺は聞き役だったが、
俺も眠いし、Hちゃんも相当眠いに違いない。
後ろに乗っている若者たちは、
さらに5時くらいまで別な部屋で語っていたらしい。
それでも普通に起きていられる。タフだー。

突然、Hちゃんが「ダメだー」と言って、
曲かけていいすか?と切り出した。
俺は寝られちゃ困るので、どうぞどうぞと返す。
HちゃんのiPhoneには、80年代から00年代まで、
様々なヒット曲が入っていた。
それを気分良く歌いながら運転するHちゃん。
俺も分かる曲は口ずさんだ。
やっぱ、MUSIC FOR DRIVEは大事だよ。

Hちゃんの運転で東京駅まで送ってもらい、
みんなともお別れ。
赤羽駅のしゃりんでつけ麺を食べ、帰ってすぐ寝た。
今夜は息子の代のバスケの残念会なのだ。
ここで昨夜の寝不足を取り戻しておかなくては!

まあ、何が残念かというと、県大会で負けたからで、
しばらく間が空いてしまったが、
むしろ俺の都合に合わせていただいて恐縮だ。
予想外に顧問の先生方も来られていたので、
最初は部屋を間違えて連れてこられたかと驚いた。

飲み会は3時間以上に渡って繰り広げられ、解散!
昼間歌いたくなってウズウズしていた俺は、
カラオケ、二次会はカラオケ!とか思っていたが、
声に出さなかったので実現ならず。当たり前か!

すわっ、東京大回り

埼京線が大崎での信号機故障で止まり、構内放送が
南浦和から京浜東北線で行けとしきりに薦めてくる。
下りしか動いてないんじゃ仕方ないか。
俺は次に来た大宮行きに乗り込んだ。

ところが、電車か動き出してから程なくして、
「埼京線上り電車は運転を再開しました」
というアナウンスが流れた。

あー、何なの?もう。どうすりゃいいわけ?

実際、次の北戸田で降りた人も何人か居たが、
続く「上り電車が各駅に止まっているため、
先行する電車が先に行ってからの発車となります」
といういつものアレを聞き逃さなかったので、
そのまま武蔵浦和まで乗って行った。

埼京線のホームを降りていくと、
武蔵野線のホーム目指して沢山の人が走っていった。
東京行きの電車の発車時刻が迫っている。
俺もこれに乗れば目指す八丁堀まで一本だけど、
次の南浦和で京浜東北線に乗り換えた方が
確実に早いの分かってるし、慌てない慌てない。

そんな風に思っていたのに、武蔵野線はグズグズして
なぜかホームに止まったままだった。
えー、マジで行っちゃう?八丁堀!
なんて考えてたら、それは南船橋行きの電車だった。
きっと武蔵野線でも何かがあって、
今日だけ南船橋行きに変更になったのだろう。

かくして、東京大回りの夢は潰えた。
会社に行ってからも夕方からの打合せの時間が
なかなか定まらないなあ〜とボヤいていたら、
一緒に行くMさんが戻ってきて
「17時からって伝言頼みましたよ」と言うではないか!
頼まれたHさんは紙に書いて置いたはずと言うし、
変だなあと思っていたら、クシャクシャになったメモが
書類の下から出てきた。

エアコンの掃除をする際に俺のPCモニターを避け、
おそらくこうなってしまった模様。
それもこれも電車が遅れて遅刻したからで、
なんとなあく、電車にヤラれた感ありの一日だった。

動けない。

朝起きてみると、身体中が痛くて動けなかった。
さすがに昨日、おとといと10時間以上
立ちっぱなしで働いていただけのことはある。
もう歳だなー。

朝も早起きだったし、夜も遅かった。
そして、屋内で気温も湿度も保たれているとはいえ、
一歩外に出れば真夏である。
体温の調整が利かず、体力が奪われていく。
そんな状況の中、2日間お疲れ様でした。

本当は休みたかったのだが、
自分の都合で打ち合わせを一本入れていたので、
昼過ぎに会社に着くように出かけた。
会社に着いてコンビニごはん。

打ち合わせは1時間程度で終わったものの、
明日のロケハンの準備のため、
作業があったのですぐには帰れなかった。

さて、昨夜家に帰ると娘が練習のため学校から持ち帰った
テナーサックスが置いてあった。
ディテールまで神経の行き届いたデザイン。
ただの装飾のようにも見えるが、
パーツのひとつひとつに意味と歴史がある。

それを持ち帰る際、娘はあちこちぶつけて
痛いと言っていた。今朝は病院に寄ってから
部活のために学校に行った。
俺も試しに持ってみたけどさすがは金管楽器、相当重い。
こんなもの歩きでよく持ち帰る気になったものだ。

吹奏楽部がこんなにキツイなんて。
ましてや筋トレから入るなんてビックリ!
最近いろいろ目からウロコです。

考えを改める。

今日は朝8時入りに変更になったので、助かった。
とはいえ、昨日と30分しか違わない。
昨夜買って帰ったパンを食べて出掛けた。
さすがに今日は京浜東北線も空いていた。

ちょっとアイドル系のお仕事だったもので、
たくさんのアイドルの皆さんのステージを拝見した。
アイドル、マジスゲー!と認識を改めた。

何より体力がすごい。
数十分のステージの間中、歌って踊って、
そして次のステージへと向かう。なんてのもザラ。
終わった直後は大汗かいてはあはあ言っているが、
しばらく経って見てみるとケロッとしている。

これはダンス、歌のレッスンは元より、
走り込みなど基礎体力を養うためのトレーニングを
相当やり混んでいるに違いない。
特に武道館公演をワンマンでやる子たちなんて、
もうアスリートの領域に近いと言っていいと思う。

そして最近は地方限定アイドルみたいなグループも
たくさん居るが、俺はそういった子たちは、
ぶっちゃけなんちゃってだと思っていた。
そしたら、全然本気だった。
地下アイドルといわれる子たちも、
楽曲もすごく良くて、いったいどこからこんな曲を
集めてくるんだい?といった次第。

失礼ながらパッと見大したルックスじゃなくても、
ステージ映えする子が数多く存在する。
そこがいいんです!と、今回コンビを組んでいた
自称アイドルヲタクK崎も言っていた。

このアイドル戦国時代の状況を見ていると、
かつて自分自身が渦中にいたバンドブームを思い出す。
雨後の竹の子のごとく、次々と湧いてくるバンド。
あの中にも、売れなかったけどいいバンドは
たくさん存在していた。

もしかして、あの頃いい曲を書いていた連中が、
地方に散らばって地域限定アイドルの後押しを
していたりして?
その証拠に意外にロック調の曲も多いんだよね。

まあ、与太話はともかく、
一度は彼女たちのステージに触れるものいいもんです。
アイドルって素晴らしい。

終電デトロイト

昨日はまたやってしまった。
関内からの終電に乗って、気が付いたら次は川口・・・。
そう、ひとつ手前の赤羽で乗り換えないと帰れない。
焦って川口で降りてもタクシーが捕まるかどうか。
ここは落ち着いて蕨まで行き、そこからタクシーだ。

しかし、蕨駅に着いたらお腹が痛かった。
おまけにちょっと飲み過ぎて気分も悪い。
生ビール、ホッピー×2、生グレープフルーツサワー×2。
量的にはそうでもないし、時間も長かったから、
大したこと無いと思っていたんだが、弱くなったのかな。

とりあえず、コンビニを探す。
一番近いサンクスはトイレが無かった。とほほ。
ちょっと歩いて商店街の入口のファミマまで。
開いててよかった。(セブンイレブンの懐かCM)
感謝感謝である。

とまあ、そんな訳でタクシーで帰ってきたので、
今朝は駅まで歩きだった。
おかげ様で今週はずっと涼しいので、歩きでも助かる。
なぜこんなに涼しいのかと思ったら、
松岡修三が日本に居ないせいだ!
という冗談が世の中に飛び交っていた。平和だ。

しかし、世の中は選挙戦でやかましい。
今回はネット選挙とかで、ツイッターとかブログとかで
不特定多数に発信するのはいいけど、
メールは相手に受け取る意志がない場合は、
勝手に送りつけるとダメらしい。

まあ、某政党支持者の知り合いからは、
選挙の度に電話が掛かってくるのだが、
じゃけんにも出来ないので困っている。
それも取り締まってもらえないだろうか?

ところで、ロックバンドKISSが今年来日するので、
うちの会社でも話題になっているのだが、
代表曲「デトロイト・ロック・シティ」の街、
デトロイトが財政破綻したというニュースが流れた。

負債の規模は日本円で1兆8000億円越えだそうだ。
日本で財政破綻した夕張市の借金が353億円だったので、
相当とんでもないことが起こったことだけは分かる。
しかし、こうなってしまうと、
さすがに「デトロイト・ロック・シティ」みたいな曲は
もう生まれないんだろうなあ。

分かっちゃいたんだけどさ

仕事仲間にM沢さんという人がいるのだが、
大の音楽好きで、ふたり揃うとコアな話ばかりしている。
今朝もリンゴ・スターのTのシャツを着ていたので、
この前の来日公演の時のだなと思って、
トッド・ラングレンがギターだったんだよねって振ったら
止まらなくなった(笑)。

もうひとりのギターはスティーヴ・ルカサーで、
ベースは、Mr.ミスターのリチャード・ペイジ。
キーボードは元ジャーニーのグレッグ・ローリー。
ドラムは元デイヴィッド・リー・ロスバンドの
グレッグ・ビソネットというスーパーバンドなのだ。

ん?リンゴはドラマーなのに何でドラムが?
とか突っ込んじゃいけない。
メインボーカルとしてフロントに立つこともあれば、
気が向いた時に叩くこともある。
何しろ彼はザ・ビートルズだからね。

さて、この人達、自分の持ち歌を3曲ずつくらい
やったんだそうだ。俺が前に観たエイジア状態である。
しかも、エイジアのメンバーみたいに
知る人ぞ知る存在ではなく、
ルカサーは全米No.1HITであるTOTOの「アフリカ」とか
演っちゃうわけですよ!
リチャード・ペイジもMr.ミスターの全米No.1HIT
「キリエ」とか演っちゃうわけですよ!

俺の大好きなトッド・ラングレンも、
たぶん「アイ・ソー・ザ・ライト」とか、
「キャン・ウイ・スティル・ビー・フレンド」あたり
演ったんじゃないかな?詳しく聞かなかったけど、

このバンドの名前、リンゴ・スター&ヒズ・
オールスターバンドだからね、
これくらい演ったとしてもおかしくないわけですよ!
まあ何が言いたいかっていうと、観たかったなと(笑)。
朝っぱらからたいへん悔しい思いをした一日でした!

仕事の方は順調たったけど、三宮まで出る元気も無く、
コンビニでビールとツマミを買って今に至ります。
それはそれで出張は楽しいよ。

やってもうた…

昨夜は気持ちよく飲んで、終電にも間に合い、
よかった良かった。で終わるはずだったのに
最終的にはそうもいかなくなり申した。

池上線に乗った時、ひたすら眠かった。
でも、蒲田まではふた駅。これなら寝まい。
そして蒲田から京浜東北線に乗り換え。これが危ない。
危ないと分かっていながらも品川で席が空くと、
つい座りたいという欲求には勝てなかった。

大井町までは混んでたんだけどねぇ。
しかも、いい感じに角の席が空いちゃったもんたから、
壁にもたれるようにしてついうとうと。

で、気が付けば北浦和でした(笑)。

一昨年通った北浦和。なのに、ここはどこ?状態で、
とりあえずだいぶ先まで来ちまったぞ、と
慌てて飛び降りた。

階段を上がって、今思えばそれが間違いだったんだが、
駅員さんに上り電車があるかどうか尋ねたら、
今ちょうど来ます!と焦ったように言われたので、
今来た階段を駆け下りた。

すると、反対側のホームに電車が止まっており、
こっち側の電車は遅れているのかすぐには来なかった。
やがて到着した電車に乗り、座って落ち着くと、
次は与野。与野です。と言うではないか!

やってもうたー!
上りじゃなくて下りに乗っちまったー!
どうにも考えがまとまらず、
次のさいたま新都心もスルーして、結局大宮へ。

その時既に午前1時近く、さすがに電車は終わっていた。
所持金も心もとない。カプセルホテルか?とも考えたが、
タクシー料金の検索サイトで調べて、
思い切ってタクシーで帰ることにした。

家に帰ってからは水をがぶ飲みしたおかげで、
痛飲した割りには意外に朝はスッキリ!
でも日中は逆にダルくてパッとしない一日だった。

あぁ、もう一気とかしちゃいけない年齢なんだねと、
反省した次第であります。

穏やかな日曜日

また昨日の話なんだが、思い出してしまったので書く。
新宿に9時なので、8時過ぎには駅にいたんだけど、
駅のホームでスヤスヤ寝ているスーツ姿の男性が居た。
30代から40代。いずれにしてもお年寄りではない。
横たわり、両手を合わせて顔の脇に添えて枕にして、
本当に穏やかによく眠っている。

これが苦しそうとか、血まみれで倒れてるとかなら、
声を掛けるところだが、遠巻きに見ていた。
顔を覗き込む人もいたが、やはり声は掛けない。
いったい何時くらいからあの状態だったのか謎だが、
酔っ払って寝ちゃったんだろうから、
そっとしておいてあげた方が彼も幸せだろう。

今日は午前中、頼まれてチラシを作った。
イラレが調子悪くて保存しようとすると出来ない。
しかも「応答なし」になり、やむなく再起動。
おかげで1時間ばかり掛けて入力した文章がパー。
そういえば前もそんなことあったな?と思い出し、
保存画面で「PDFなんちゃらを含める」の
チェックを外すと保存出来た。
それ以降は良好。なんとも腑に落ちない。

午後は出かけて夕飯までに戻った。
その間、コーラを飲み、ポテチを食べたのは内緒だ。
家内はこれから飲み会だ。子供らと晩ごはんを食べる。
食べ終わると20時になっていた。
子供らは次々と風呂に入る。

息子は明日からの修学旅行に備えて早々と寝たが、
娘はしばらく試験勉強をしていた。
俺も風呂に入るとドア越しに歯を磨く音が聴こえた。
おやすみと言って、それっきり静かになる。

それでもまだ22時過ぎ。
そこから最近また読み返している「BECK」を、
アメリカツアーから戻った辺りまで読んだ。
これでもまだ半分以上残ってるんだもんなあ。
しばらくは楽しめそうだ。

なかなか無い

ヴァン・ヘイレン東京ドーム公演当日券有り!
そんな新聞広告が今朝の朝刊に載った。
昨年11月の東京公演がエディーの病気で延期になり、
その日を迎えたヴァン・ヘイレン。
先日の名古屋公演も大好評だったようで、
ちょっと観たいかなぁと思っていた。

ヴァン・ヘイレンのデビューは俺が中2の時。
いわゆるハードロックの名盤と呼ばれるものは
もう既に世に出ていたご時世である。
まさかぽっと出のニコニコしたあんちゃんが
新時代のギターヒーローになるとは夢にも思わなかった。

1曲めのランニング・ウィズ・デビル。
今でこそ懐メロだが、ハッキリ言って退屈な曲だった。
ボーカルが上手いか下手かイマイチよく分からない。
続くイラプションは衝撃だった。あの曲1曲だけで、
ヴァン・ヘイレンは俺達のハートを鷲掴みにした。

のみならず、次のユー・リアリーガット・ミー。
あのド頭の空ピック一発でやられた。
更に当時ギターをかじっていた俺としては、
どうやればこんな音が出るのかさっぱり分からなかった。

その後、彼らは順調にキャリアを重ねて、
世界的なビッグバンドになった訳だが、
ぶっちゃけボーカルがサミー・ヘイガーになった時期は
違うバンドだと思う。当時はヴァン・ヘイガーなどと
揶揄されたが、ぶっちゃけその通りだと思う。

今回はベースがエディーの息子になってはいるが、
オリジナルボーカリストのデイブが戻ったので、
ほぼあの衝撃の初期メンバーでの来日なのだ。
大ヒット曲、ジャンプもこのメンバーの手になる曲だ。

さて、間もなく20時に差し掛かろうとする頃、
うちの会社のオヤジ共が騒ぎ始めた。
友人達が次々とFBに写真をアップし始めたのだ。
なんと今回のライブ、バンド側からの申し出により、
前代未聞!写真・ビデオ撮り放題だったのだ!

チクショー!行きたかったー!のたうち回るオヤジ達。
まあ、俺もその内のひとりだが、
思い入れはそんなでもないんだよね〜。
これがラッシュだったら話が違うんだけど、
大して悔しくはなかった。

そんな訳で21時過ぎに会社を出た。
俺が乗った京浜東北線が秋葉原駅に入線したところ、
ギキーッとものすごい音を立てて電車が止まった。
運転士が異常な音を感知したという。なんだそれ?

待たされること10分あまり。
先程感じた異常な音は人身事故と判明しました。
とのアナウンスが流れた。
自分が乗った電車が人身事故とはイヤなもんだ。
続いて危険の無い5号車、6号車のドアを開けると言う。
6号車に乗っていた俺は運良くすぐに降りられた。
不幸中の幸いとはこのことか。

平常通り

今朝は起きれなかった。
一度起きて食事はしたんだけどダメだった。
ちょっとだけ起きてて、8時過ぎにもう一度寝た。

今日息子はバスケの二市大会に出るため学校は休み。
試合を見に行く家内に出掛けに起こしてもらい、
まずは出張の支度を荷解きした。
昨日までの現場で、自分で思った以上に疲れたらしい。
今回は朝早くから夜遅くまで精力的に動いたからな。

空っぽにしたスーツケースにパソコンとバッグを詰め、
トコバスで戸田駅に向かう。
1週間前にスーツケースを持って帰ったので、
自転車は駅に置いたままだ。
なので、ちゃんとあるかどうか心配。
とはいえ先を急ぐのであるかどうか確かめてはいない。
どうかありますように。

池袋に着いた時、もう12時半くらいだったので、
立ち食いそばを食べるかどうか迷う。
八丁堀に行っても今日は立ち食いそばの気分だし、
今食べても大差は無い。でもバッグがデカいから止めた。
おとなしく会社に向かう。

八丁堀に着いて小諸そばに向かったら、
店の手前で同僚のMさんと鉢合わせした。
ごはん物が食べたいというので、八丁堀食堂に行く。
新メニューのナポリタンが気になっていた。
確かに多いけど、言われているほどの量ではなかった。

今日は休んでもよかったけど、来るには訳があった。
出張中に今週末の山形の仕事の台本を頼まれていた。
19時くらいまで書いていていくつも疑問が湧き、
大阪のクライアントに電話して教えてもらった。

20時過ぎに業務終了。
HMVでも寄るかと思ったが、時間もビミョーだし止めた。
息子たちのチームは優勝したらしい。
帰ったらhuluで映画でも観るか?
でもこの調子だと途中で寝ちゃうだろうねぇ。

<< | 2/58PAGES | >>